TOP > 用途から探す-研磨ソリューションのMipox > 研磨事例-3Dプリント造形物各種

研磨事例-3Dプリント造形物各種

3Dプリント造形物各種加工に
求められる要件

現在主流となっている3Dプリント造形方式はフィラメントを用いたFDM方式、UV硬化樹脂を使用したインクジェット方式、粉体焼結方式など複数存在していますが、いずれの方式においても造形物表面に「積層痕」が残存する現象は避けられず、造形物の質感を損ねる原因となっています。Mipox受託研磨は、3Dプリント造形物用に開発した自社製研磨材「TuneD3」(製品ページはこちら)を使用した造形物表面の研磨加工サービスを展開しており、造形方式や素材を問わず柔軟に対応しております。研磨加工により貴重な造形物(作品)の価値を高めます。

材料(材質)名:
ABS、PLA、ポリアミド(ナイロン)、ウルテム、Ti、SUS 等 形状問わず

3Dプリント造形物

 

電話でのお問合せはこちら

Mipox製品はこちら

03-6911-2300
[受付時間]
9:00〜17:30(土・日曜・祝日除く)

日本研紙製品はこちら

084-923-6689
[受付時間]
9:00〜17:30(土・日曜・祝日除く)
WEBからのお問合せはこちら

各種 資料ダウンロード

  • プローブカード用クリーニングシート資料
  • 製品ラインナップ
  • 会社案内

資料ダウンロードはこちら